楕円形状に適した革新的な円筒刃物を搭載したカボチャ乱切り装置の開発

カボチャの楕円形状を活かした同一形状の四角錐台カットピースを実現するため、独自の裁断軌道とその軌道を実現するための円形刃物を開発し、歩留まり95%以上を可能にしました。従来の手作業を自動機械化し、1時間あたり500kg(カボチャ約250個)を処理、最大5倍*の作業効率を実現しました。固いカボチャによる作業者の“手”への負担やケガを無くし、安全で使いやすい装置を開発し、乱切り加工現場の問題を解決しました。

*H25.9現在:オペレータ1名で加工可能な新型機の開発に成功し、作業効率が10倍にアップしました。

「カボチャ乱切り加工のライン化」イメージ
  • カボチャ乱切り機(本体)
    「オペレータ1名にて1時間500kg」の圧倒的な処理量。
    カットピースの大きさが均一、美しい煮物向けのカット形状、歩留まり95%、と、うれしいポイント揃いでお客様の計画生産を強力にサポートします。

    ※本機単体でのご購入も可能です。
  • がんべ取り機
    悩まされてきたカボチャの「がんべ」にさようなら!
    カット加工工場では長年「がんべ」の除去に悩まされてきました。堅いカボチャの皮を薄く剥くのは至難の業。本機なら「楽に」「短時間で」がんべの除去ができます。

    ※本機単体でのご購入も可能です。
  • 芯ぬき・皮むき機
    カボチャの芯を抜くのと同時に、回転するカボチャにピーラーをあてるだけで皮むき作業が楽々!
    フットスイッチで操作も簡単です。

    ※本機単体でのご購入も可能です。
  • 半割り機
    カボチャを丸々投入するだけで、上下に半割りにカットできる機械です。
    「ゴロン!」と入れていただければ、カット姿勢を本機で調整し、上下のセンターラインで半分に加工。
    皮つき・皮なしのいずれも加工が可能です。

    ※本機単体でのご購入も可能です。
  • ワタ取り機
    上下半割りのカボチャを押し当てるだけで、楽にワタや種が取れます。
    取れたワタや種はシュートを抜けて廃棄場所へ集めることが可能ですので、飛び散る心配もありません。
    きれいにワタが取れたら、いよいよ乱切り機へ投入です!

    ※本機単体でのご購入も可能です。

PAGE TOP